堺市の外壁塗装、屋根塗装、塗装、サイディングなら、1級塗装技能士が在籍する塗装職人の専門店 しょうざき塗装へ!

庄崎塗装 愛塗(アイト)

  • 成功実績。職人合計6000棟以上
  • 塗装簿プロフェッショナル
  • 業界唯一。しょうざき塗装のこだわり
  • 専門店プラン。67万円など

専門家コラム

サイディング壁の長所と短所

2018年7月28日

サイディング壁

サイディング壁とは、外壁がパネル形式で、パネルとパネルの隙間を

シール(コーキング)で埋めた外壁を意味します。

特徴としては、新築時に短期で仕上げることが出来るため、コストが安い。

コーキングの目地があるため、ひび割れしにくい。

屋根がカラーベストの場合が多く、地震に強い。

最近は、通気工法や外断熱工法と、内部結露対策がとられるようになった。

洋風建築が多く、似合う色が豊富になった。

 

欠点

目地シールの打ち替えに費用が、かさむ。

目地シールの劣化が激しい場合、台風などで雨漏りをする。

屋根がカラーベストの場合、最上階が夏、暑い。

サイディング自体に熱を持つため、夏は暑く、冬は寒い室内になる。

塗り替え時の提案例

弊社は、熱に強いシリコン樹脂しかオススメしていません。

特に内部結露対策や、室内の環境改善塗料、遮熱遮断熱は、特にオススメです。

内部結露チェックをしたのち、どの材料が良いか、一緒に考えましょう。

又、サイディングにも、専用シーラーがあります。

蓄熱をするので、弾性系の下塗り材だと、ふくれが発生します。

そのことを、よく知る施工店にお願いする方が得策です。

072-220-0824(7:00~19:00)

無料お見積もりはこちらから

  • 資料請求
  • お問い合わせ