堺市の外壁塗装、屋根塗装、塗装、サイディングなら、1級塗装技能士が在籍する塗装職人の専門店 しょうざき塗装へ!

堺市外壁塗装 しょうざき塗装 庄崎塗装
  • 成功実績。職人合計6000棟以上
  • 塗装簿プロフェッショナル
  • 業界唯一。しょうざき塗装のこだわり
  • 専門店プラン。67万円など

専門家コラム

モルタル壁の長所と短所

2018年7月27日

大きく分けると、外壁は3種類に分類されます。

今回は、モルタル壁について説明します。

昭和のころは、和風建築がはやりモルタル壁での施工が大半を占めました。

屋根も、瓦屋根、純和風建築のおたくは、まだまだ立派なお宅が多く

改修工事により、蘇る事が出来ます。

さて、モルタル壁の長所ですが、

外壁が熱を持ちにくく、(サイディング壁に比べ)塗膜の劣化が遅い。

和風建築の外壁によく使われる。

室内の温度変化が少ない。

瓦屋根の場合が多く、土がのることで、最上階が夏涼しい。

サイディング壁より、室内が静か。

 

短所

ひび割れしやすく、ひび割れによって雨漏りしやすい。

昔からの工法で、ラスとの密着が悪い場合や、モルタルが薄い場合ひび割れが起こりやすい。

掻き落とし壁や、刷毛引きの壁などは、塗装していない為、劣化が激しい。

腕の良い左官職人の減少により、最近新築する所が減り、コストもかさむ。

内部結露が発生する。(塗装には影響ないが、内部の木材を腐らせる)

塗装する場合は、弾性塗装がオススメです。

単相弾性、複層弾性、高弾性があります。

又、複層弾性で、内部結露をおさえる遮熱、遮断熱塗装もオススメです。

 

 

072-220-0824(7:00~19:00)